被災地労働者企業組合(ワーカーズコープ)

シューズ“21”の特徴

シューズ“21”は、疲れが軽減します。

シューズ“21”の最大の特徴は、本格的な健康靴ということです。

中底のインソール(足底板)が、足の自然な「アーチ」を取り戻すと同時に、非常に心地よい「フィット感」を生み出し、8時間以上の立ち仕事という過酷なお仕事にも「疲れ方がずいぶん違うね」と喜びの声をいただいております。

この「アーチ機能」は、外反母趾や偏平足、魚の目・タコなど足のトラブルの予防に大変効果的です。トラブルでお悩みの方でも、実際に履いてみて「痛みを感じないで歩けるね」との感想をいただいております。

また、かかと部分の「くぼみ」=カップインソウルが、歩行の安定を保ち、足をまっすぐ振り出すのを助け、ひざ・腰への負担をやわらげます。

シューズ“21”の健康機能と足底板

シューズ“21”は軽い。

片足200g(商品No.550・23.0㎝)の素材の軽さに加えて、足裏のフィット感はバツグンです。「まるで裸足のようね」の声も聞かれます。

シューズ“21”は静か。

夜勤などで気になる、パタパタ、ギュッギュッという足音がまったくしません。靴が足裏にフィットしているので、無駄に床を叩くことがないためです。

シューズ“21”は一足一足が手作りです。

シューズ“21”は、裁断、ミシンでの縫製、底付け、圧着、仕上げと、一足ずつ丁寧に手作業で行っています。靴の街神戸長田の熟練工(といっても気のいいおばちゃんたちです)が、ていねいに革を縫い、底を貼り、仕上げをしています。中底と靴底の間に足底板を入れるため、昔ながらの高級靴の製法である「プラット」という製法で作っています。

シューズ“21”がしっかりできていて、長持ちするのは、ていねいな手作りによるものです。

メッシュで「蒸れ」が20%以上改善

シューズ“21”のメッシュタイプは、兵庫県立工業技術センターの調査では、従来品に比べ蒸れが20%以上改善されたことがわかりました。

CONTACT

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP